手軽にフェイスラインをスッキリさせよう【小顔矯正の種類を解説】

美容効果のある小顔矯正

顔を触る人

おすすめの小顔矯正の方法

女性にとってダイエットを行って体形がスリムになっても顔の大きさは変えられず、バランスが悪くなってしまって悩んでいるという方は少なくありません。顔のむくみや脂肪はマッサージやエクササイズを行うことで改善することが出来ても、骨格が元々エラの部分が張ってしまっている場合と頬の咬筋と呼ばれる部位が発達してしまうことで噛みしめを行った際にエラが張り出してしまう場合は自分で改善することは難しいといわれています。そこできれいなフェイスラインを手に入れるためにも美容整形外科を利用して小顔矯正を行う方が増えてきています。小顔矯正を行う際にまず注目したいことは、顔が大きい原因をきちんと把握して適切な施術を受けることです。骨格の場合遺伝が原因なので、美容整形外科では骨切り術と呼ばれるフェイスラインの骨を手術で治療する方法が主流です。高い小顔効果がありますが体への負担が高く後遺症が出てしまう危険があるためきちんと相談をして施術を受けることが大切です。エラの筋肉が発達してしまって顔が大きく見えてしまう方は、小顔矯正の方法としてボトックス注射がおすすめです。ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質を筋肉に注入することで、一過性の麻痺を起こし筋肉の働きが悪くなることで、だんだんと筋肉が細くなり顔周りのラインがシャープになっていく効果が得られます。ボトックス注射を行うと筋肉の働きが麻痺してしまうことから、治療を受けたら顔の表情が上手くできなくなったり食事の際に不便になるのではと不安に感じる女性は多いですが、顔を動かす表情人には咬筋の他にも複数の筋肉があり、日常生活で不便になることはなく安心して治療を受けることが可能です。ボトックス注射は眼科、神経内科の治療で使用されることが多く、眼瞼や顔面痙攣の症状の患者さんに多く使用されてきました。美容整形外科では小顔矯正の他にも表情筋が原因となるおでこや眉間についてしまう深いシワを筋肉を麻痺させることで改善させるなど美容効果も高いとして、一般的な治療の一つとして受けられるようになっています。

TOP

Copyright © 2018 手軽にフェイスラインをスッキリさせよう【小顔矯正の種類を解説】 All Rights Reserved.